<   2012年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年 12月 30日
2012年を勝ち越しで折り返し!!!


bjリーグもあっという間に2012-2013シーズンの
52試合中、22試合を消化しました!


京都ハンナリーズの今シーズンの出だしは
8連敗という長いトンネル。まさに予想外でした。


実際のプレー、チームバスケのクオリティは
昨シーズンを上回るイメージながら、
勝ちだけがついてこない、、、そんな印象でした。





勝てるはずのチームが勝てない、、、
そんな状況を脱却できたのは、
開幕戦以来の ハンナリーズアリーナでのホームゲーム浜松戦。


やはり チームプレー + 思い切りの良さ
があってこそ 悪い流れは吹っ切れる。

そこまで8連敗を喫していた京都ハンナリーズを
勝ちに導いたのは
ハンナリーズアリーナの ブースター、観客の声援、後押しに他ならなかった。






負けることを恐れない強さを浜松戦で身につけた様な京都ハンナリーズ。
その後は一気に8連勝!!


2012最終戦、アウェイでの大阪戦を2連勝し、
12勝10負と勝ち越し 2013につなげることが出来た。
c0224628_13414458.png





今シーズンのハンナリーズのバスケット、
特に平面での動きには目を見張るものがある。

パス回し、ドライブ、スリーポイント、ジャンプショット、速攻
これらそれぞれに、強みを持った選手が、要所で力を発揮しはじめてくれている。

チームが苦しい状況の中でも
常にリーダーシップを崩さず鼓舞しつづけている #0 瀬戸山キャプテン
c0224628_22582455.jpg


チーム創設からの4年目をプレーする選手として、
リーグの後半戦、さらに頼れる存在として引っ張って行ってくれるはずです。
c0224628_22581575.jpg





#1岡田選手 得意のスリーポイントも ここまで 44/104本と 約40%の高確率を
キープし、チームの攻撃を勢いづけてくれる中心選手となりはじめています。
c0224628_22581465.jpg

c0224628_22581313.jpg






数試合故障を負うも12月には復活
開幕以後 試合毎にハンナリーズのプレイヤーとして存在感が増している
#91 ソルジャーこと片岡選手。
c0224628_22584296.jpg

c0224628_22584044.jpg


アシスト、シュート、ディフェンス、すべての面においての気迫は
観る者を圧倒してくれるし、
要所で相手のファウルを誘えるドライブも持ち合わせている。
ファウルをもらってのカウント&ワンスローは、
ハンナリーズの試合の中でも ひとつのハイライト。
c0224628_22581199.jpg







#8 ルーキーからスタートし、瀬戸山選手と同様
創設4年目のハンナリーズを支え続ける 村上選手。
ガードポジションに入ったときの安定感は今シーズン一気に増した感がある。
c0224628_22581083.jpg


どんな相手も振り切るスピードも健在。
ただ、ブースターはまだまだ もっとやれると期待をよせる選手。
頼れる選手がまわりをかため、チームプレーもまとまってきたからこそ、
冒険心に満ちたプレーが飛び出すことを 2013年にさらに期待したです。
c0224628_22584445.jpg






#2 ジャーメイン ボイエット選手
チーム上昇のひとつの核になっている選手と言えるかもしれません。
シーズン開幕当初は JB選手の特徴的なプレーが影にかくれていた感があったものの、
全体の役割が明確になり、互いの意思疎通が成熟すればするほどに
光をとりもどしていく姿が伺えた。
c0224628_22583845.jpg


とにかく試合の流れのスキをつく様な 意外性あふれるプレーが
チームに活気をもたらす。
相手に取っては 食えない選手。
c0224628_22583637.jpg








2013bjリーグオールスターにも選出された #12 パルマー選手。
ハンナリーズのバスケットを体現するようなプレーは、
外、中、ハンナリーズの全てのプレーに関わる。
チーム中心選手としての立場が明確になってきた。
c0224628_22583170.jpg

c0224628_22583334.jpg




#41 クザン選手 #42 ポマーレ
そして、この二人の働きこそが、
チームの勝敗のボーダーラインを決めます。

1点差、2点差の勝敗は当たり前の世界がバスケットボール
リバウンド一本、フリースロー一本とて軽視できない。

bjリーグのセンター陣のなかで 決してサイズやパワーで
上回れる存在ではないことから、
シーズン序盤にみられたファウルトラブルも試合の消化とともに
徐々にアジャストしてきており、そのバスケットセンスが光るシーンが増えてきている。
c0224628_2258294.jpg

c0224628_14132776.jpg






2013年は
開幕同様、沖縄戦からのスタート。
とにかくここで 初戦のリベンジを果たしたいハンナリーズ。

相手のセンターは屈強。
クザン選手、ポマーレ選手の成長はいかに、、、
現在ウエスタン1位を走る沖縄戦は 後半戦への新たな指標になるはずです。


そして、2013年最初のホームゲームは向日市民体育館
vs 大分ヒートでビルズ!!
c0224628_14245959.jpg

期待して行きたいです!
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-12-30 14:26 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31