<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2012年 11月 12日
シーズン初勝利!2連勝!!


開幕から、流れをつかめない状態での8連敗と
トンネルの中にいた 京都ハンナリーズが、

約一ヶ月ぶりに迎えた
ハンナリーズアリーナ(西京極)でのホームゲーム。

本当のホームコートで、この一ヶ月でつくってきた
チーム力を発揮できるのか、、、
相手は今シーズンも安定感のある強豪 浜松・東三河フェニックス


そんな 幾重にもプレッシャーが重なる中で
ついに、、、
今シーズン初勝利 & 2連勝 を果たした京都ハンナリーズ!



京都ハンナリーズ vs 浜松・東三河フェニックス
【 試合結果 】
11 / 9(金)  京都 84 - 75 浜松
11 / 10()  京都 80 - 63 浜松






勝因は やはり
ディフェンスが機能したことが大きいと思われます。




ここまでの8連敗の中で、
京都ハンナリーズの 一試合の平均失点は、約82点 。

浜口炎監督が昨シーズンから築いているチームのスタイルは
失点を70点台の前半に抑えてこそ、力を発揮できるもの。





ここまでの流れでは、
試合の流れに乗れそうなタイミングで一本抑えられるかどうか、、、
そうした目立ちにくい局面、ほんの少しの歯車が噛み合っていない印象がありました。




この2連戦では一試合平均を69点に抑えるディフェンスをみせてくれ、
c0224628_9524951.jpg


リーグでも 高い3ポイントシュートからの得点力をほこる
相手オフェンスに対し、不用意に打たせず、
中へのディフェンス、外へのディフェンス、ともに集中力をきらすことなく
良いバランスが保て始めているのを感じさせてくれました。
c0224628_9522669.jpg










新戦力のキープレイヤー、
#1 岡田選手、#91 片岡選手、#12 パルマー選手も
徐々に京都ハンナリーズの試合の流れにアジャストしてきており、
それぞれの得意なプレーを試合の中で披露してくれるシーンが増えてきました。

c0224628_9523310.jpg

c0224628_9523436.jpg

#1 岡田選手。
速攻からの ストップ&ジャンプシュート。
相手センターがディフェンスにカバーに入る一歩手前で、
トップスピードから急激なストップ、体幹のブレない 打点の高いジャンプショット。
このワンプレーを観るだけでも、その バスケセンスが凝縮されています。







c0224628_9522865.jpg

#91 片岡選手
得点だけでなく、秀でたパスセンスと 局面によりファウルを誘うこともできるオールラウンドなプレーを、臆すること無く果敢にトライできる 高い能力。
これからさらに、チーム内でのプレースタイルの理解が深まれば深まる程 片岡選手の能力は発揮されるはずです。







c0224628_9521651.jpg

#12 パルマー選手
高いシュート力もさることながら、中での強さやリバウンド力など、
日本人選手が力を発揮できれば、パルマー選手の本来のプレーの幅の広さが際立ってくる。







c0224628_9522939.jpg

#41 クザン選手、#42 ポマーレ選手 も
相手のマッチアップにより まだ 波があるとは感じられますが、
センターに入るこの2人が 得点をとってくれると
より優位に試合を進められることは 間違いない。

いかに良いチームでも、センターの安定感は欠かせないもの。
センターの底力が上がってくれば、
京都ハンナリーズは そう簡単に負けるチームではなくなるはずです。








c0224628_9523680.jpg

相手を出し抜くプレーと言えば #2 JB選手。
好調な選手があらわれ、相手の意識が誰かに集中するときこそやってくれます。
チームプレーが噛み合うチームでこそ その意外性が生きてきます。
この2連戦でもビッグプレイで、一気に勝利を近づけるプレーを見せてくれました。








c0224628_9522123.jpg

c0224628_10565487.jpg

この2試合スターティングとして チームに活気をもたらしている
#21 寒竹 選手。
チーム内での役割がはっきりと見えはじめている。
どのプレーにも対応できる 総合的なバスケット能力は これからの長いシーズンとても頼りになると感じさせてくれました。










c0224628_9524744.jpg

c0224628_9523171.jpg

そしてなんといっても、「勝利」に遠ざかる中でも、
互いの信頼関係が崩れること無く、チームプレーが徹底されていたことが大きいです。




おそらく チーム内の信頼関係こそが
長いシーズンを戦い抜き、勝利を重ねる上での 最重要課題となります。



連敗のなかで、その信頼関係を崩さず構築し、
ここにきて それぞれのプレーを引き出しつつ チームとして勝利できたことで
長いシーズンを戦っていく 構想が鮮明に見えてきたように思います。











ここからの 京都ハンナリーズのシーズンの幕開けを予感させる会場の歓声。
c0224628_9525120.jpg

c0224628_9525666.jpg

c0224628_953143.jpg



まずは2012年内で勝率を五分に戻すこと。
これができるチームなら、間違いなく優勝争いも可能です。


今後の試合日程、対戦相手から考えても
間違いなく 年内に 勝敗を五分以上に持っていってくれるはずです。
期待していきたいです。
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-11-12 11:06 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30