<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 23日
プレイオフ ホーム開催への道!

bjリーグもついに大詰め!
今週末がレギュラーシーズン最終戦です!!


京都ハンナリーズの最終戦は
適地 福岡へのりこんでのアウェイ戦。



シーズン終了後の
次は 優勝をかけたプレイオフトーナメント、
『 プレイオフ緒戦をホームで開催するための条件 』は。。。

レギュラーシーズン西地区で4位以上。

3位4位なら5月5日・6日にホームで、
1位2位なら5月12日・13日にホームで行われます。


★現在 最終戦を残しての西地区の順位は
1位  沖縄 37勝13負
2位  大阪 33勝17負
3位  京都 33勝17負
4位  滋賀 33勝17負
5位  福岡 32勝18負
6位  島根 26勝24負
7位  宮崎 22勝28負
8位  大分 21勝29負
9位  高松 2勝48負
(*bjリーグ順位表参照

沖縄のみがシーズン1位が確定しており、
現在5位 福岡までがプレイオフのホーム開催をかけ
争っている超混戦。。。
(プレイオフ進出は地区6位以内)
c0224628_8593540.jpg







京都ハンナリーズの最終戦の相手は ライジング福岡!!

上記の表からわかるように、
最終戦を2連勝、もしくは1勝1負の結果につなげれば
プレイオフホーム開催を勝ち取るとこになる!


2連勝をすれば、最終戦 大阪vs滋賀の結果いかんで
レギュラーシーズン2位通過の可能性も残されている。





今週末の最終戦に全てがかかってきた。
要注目です!!!
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-04-23 08:59 | ● ゲーム INFO!

2012年 04月 09日
ホーム最終戦も勝利!4連勝!!



4/7(土)、8(日)、
宮崎シャイニングサンズ を迎えての、
ホームゲーム最終戦がハンナリーズアリーナで行われました!






相手宮崎のキャプテン #1 清水 太志郎 選手は、
京都キャプテン #0 瀬戸山選手と小学生からの仲。
昨年のホームゲームでも 復興支援ゲーム の中で熱い試合を魅せてくれた。



そして 今シーズンの勝負は、、、


4/7() @ハンナリーズアリーナ(西京極)
京都 98 - 91 宮崎

4/8() @ハンナリーズアリーナ(西京極)
京都 73 - 48 宮崎


と 京都の2連勝!!!


昨年できなかった プレイオフのホーム開催を
なんとしても勝ち取りたい京都は、
シーズン最後まで 一試合も気を緩めることができない。
さらに、シーズン ホーム最終戦、、、。
必勝が求められる2連戦をモノにしてくれた。



2試合ともに
キャプテンシーを発揮し、
アグレッシブなプレーで試合を引っ張っていた
#0瀬戸山選手
c0224628_17114259.jpg

c0224628_17114458.jpg

c0224628_17115170.jpg

キャプテンという プレイ以外でも負担の大きい
ポジションながら、ここまでのシーズン
しっかり試合に出続けてくれている。
プレイオフにむけて、
本当に頼もしいキャプテンとして存在感は増すばかり。







副キャプテンのランスが試合に出れない中、

やはり #1 ババカ選手 の力が必要になってくる。
出場時間が増える中でも、ファウルトラブルも無くなってきて、
ここ数試合のプレイで、ずいぶん試合にフィットしてきている。
c0224628_17114775.jpg






#7 リック選手 もゴール下で
激しく体をつかって
c0224628_17115927.jpg










#2 JB選手と、#30 リー クマード選手は、
試合の流れをつくる上でかかせない存在になってきた。

また、京都ハンナリーズの試合のハイライトをつくってくれる
2人であり、この2試合でも会場を湧かせてくれた。



JB選手は、相手の集中力が切れた瞬間や、
気のゆるんだポイントを 突くのが非常にうまい。
bjリーグに慣れてきたこともあり、
そのあたりの緩急に卓越したものが出てきている。
c0224628_17115749.jpg

c0224628_17115367.jpg



リー クマード選手も
スリー、ドライブ、パス、ダンク、、、
セルフィッシュになることなく、チーム内の連携の中で
プレーを発揮してくれる。
c0224628_17113685.jpg

c0224628_17114882.jpg









日本人シューター2人も
今シーズンのチームが勝利をつかむ上でのキーマンとなっている。

#9 仲村選手。
c0224628_17115043.jpg


#11 タイゾー選手。
c0224628_17115463.jpg



勝利を引き寄せるには、この2人の力が必要になる。

タイゾー選手は昨シーズン終盤戦では怪我により悔しい想いをした。
それだけに 今シーズンにかける想いも プレーに出ているし、
何より、4月に入り、 年末連勝時の好調なプレーが復活し始めている。
このまま どんどんコンディションを上げていって欲しい。


もちろん 浜口炎監督の采配も試合の注目点、
試合の流れをつくることの出来る、仲村選手、タイゾー選手、
の起用方法はプレイオフでもカギになるだろう。



========



この2連戦、
宮崎との力の差をしっかり結果であらわした京都ハンナリーズ。

しっかり選手交代も全体で行いながら、
プレイ時間を区切り、チームとして戦いきっていることも大きい。

やはり終盤戦。
選手個々に疲労がたまることは避けられない。
その負担を少しでも 減らせる様なチームプレーと采配があってこそ
優勝という大きな目標が現実味をおびてくる。



ホームゲーム最終戦に、
勝つべくして勝つ姿を披露してくれたことは
チーム3年目にして 大きく成長した姿だったと言える。



あとは、プレイオフホーム開催をかちとること!!
残りはアウェイでの6試合。
厳しい条件ではあるが、是非とも勝ち取ってもらいたい。
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-04-09 17:49 | ● ゲームリポート!

2012年 04月 02日
ホーム2連勝!プレイオフ進出決定!
琉球ゴールデンキングス を迎えたホームゲーム。

前節に アウェイ島根で連敗を喫し、
この2連戦の結果いかんでは プレイオフ進出まで危うくなる
可能性を秘めていたが、、、



ウェスタン首位を走る 琉球ゴールデンキングス に対し2連勝!
これにより、
2年連続2回目のプレイオフ進出も決定!!



3/31() @ハンナリーズアリーナ(西京極)
京都 83 - 76 沖縄

4/1() @ハンナリーズアリーナ(西京極)
京都 79 - 75 沖縄







長いリーグ戦の中でチームの好不調の波はつきもの。
しかし、この終盤で勝ちきれないチームの状態は
いち早く立て直す必要があった。

このタイミングで首位を相手にすることは 非常に危険な流れではあったが
その逆境を 最高の結果で 打ち破ることができた。

ホームゲームであったことがチームの闘う姿勢を後押しし、
ハンナリーズ本来の戦い方である
アグレッシブなディフェンスと、
あせらずチームプレーに徹する粘り強いオフェンスが戻ってきた。
まさに 強豪 沖縄を相手に 2連勝できる チーム力が本来のハンナリーズの姿だ。


...



2連勝をかけた 2日目のゲーム。
c0224628_1025321.jpg


今シーズン未だ 同一カード連敗を喫したことのない 沖縄。

勝利をもぎ取るための 気迫は凄まじいものがあった。

c0224628_1025864.jpg




試合は4クォーター 残り約 4分30秒の時点で、
京都63 - 64沖縄


ほんの少しのキッカケで勝敗は分かれる。。。
そんな状況のなか、
#9 仲村選手の 3ポイント が決まる!!


焦らないチームの連携と、積極的なシュート。
土壇場でこの状態をキープするのは困難だが、この日のハンナリーズには
これがあった。


ブースターの後押しもあり 会場の雰囲気はハンナリーズのもの。
コート上は5人+α のパワーがみなぎっていた。



そして、集中力の高いアグレッシブなディフェンスにより
相手ターンノーバーを誘う。
ボールを奪い、キャプテン 瀬戸山選手の速攻、、、!

そしてここで しっかりファウルをもらう このプレー。
c0224628_103579.jpg




さらに、
プレッシャーの高まる場面で フリースローを2本とも決める。
c0224628_103858.jpg


この残り4分半からの この3つのプレイで、
京都68 - 64沖縄 と逆転!
大きな試合の流れをつかみ、勝敗を左右した一連のプレーだった。






ここから 集中力を切らすことなく、
強いディフェンスと、積極的で粘りのあるオフェンス。


#2 JB選手の3ポイントで追い撃ち!
c0224628_1031066.jpg



試合に とどめをさす働きをしたのは
#30 リー クマード選手。

シュート力、展開力がともに光った。
c0224628_103262.jpg

誰もが ここで決めて欲しいと願う 終盤のフリースローも 2本決め、
沖縄の攻め手を封じる活躍をみせてくれた。



リー クマード選手は、
この2連戦 3/30 -18得点、4/1-16得点と ゲームを組み立てる上で
支えとなるプレイを披露。


沖縄に対してマッチアップの相性もよかった リー選手を、
うまく活かし続けた チーム戦術、判断、 浜口炎監督の手腕も光っていた。


2連勝の瞬間の会場は 大きな歓声につつまれていた。
c0224628_1031382.jpg

c0224628_1031495.jpg

c0224628_1032116.jpg

c0224628_1031989.jpg




プレイオフ進出が決定したハンナリーズ。

優勝に向けて必要になるのは、
プレイオフ1戦目の ホーム開催権を得ること。




首位に2連勝できる実力をみせてくれたハンナリーズであったが、
これが アウェイでの戦いであれば、結果は違っていたかもしれない。

とにかく
ホームで戦うことが 勝利を得るために 大きな条件になることは間違いない。





現在 プレイオフホームゲーム開催に向けては
ボーダーラインにある 京都ハンナリーズ。

残り8試合。
シーズンのホームゲームは次節の 宮崎戦が最終となる。
さらなる連勝を期待したい!!
c0224628_1112081.jpg

[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-04-02 11:00 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30