<   2011年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011年 04月 26日
プレイオフ進出!展望!!
レギュラーシーズン最終月に入り

vs 大分ヒートデビルズ(ホーム) 2連勝!
vs 琉球ゴールデンキングス(アウェイ) 1勝1負!
vs 島根スサノオマジック(ホーム) 2連勝!

トータル5勝1負でシーズンを終え、

レギュラーシーズン最終順位
ウェスタン5位でプレイオフへのチケットを
手にした京都ハンナリーズ!!!
リーグ順位表はコチラ

4月にホームの西京極が『ハンナリーズアリーナ』となってから
4連勝と無敗でホームゲームを死守したチームは、
長いシーズンを終え 故障者も出て入るが、
プレイオフへ向けて状態が充実したものになってきているのは間違いない。
c0224628_8154798.jpg


特に、試合を重ねるごとに
キャプテンシーを発揮し、1試合を高いモチベーションで
闘い抜くハートの強いチームの土台となった #0 瀬戸山キャプテン
の存在は大きい。
強いハートでディフェンスから試合をつくる、、という
今シーズンのスタイルを確立する柱となる活躍だったと言える。
c0224628_8201324.jpg

島根との最終戦では
bjリーグで唯一の現役日本代表 石崎 巧 選手とのマッチアップも見物でした。
c0224628_8235885.jpg



京都の象徴とも言える
練習生からの生え抜き、2年目の #50 村上 選手
終盤の怪我から復帰し、最終戦ではキレのあるプレーを披露してくれた
ことも、プレーオフに向けて明るい材料だ。
c0224628_8272388.jpg


特に、クォーター開始直後や、
クォーター終了間際の、立ち上がりの相手の準備、残り時間などの
展開の隙をぬって試合の流れを変えたり、引き寄せたりするプレーが光り、
会場の雰囲気にも大きく影響を与える、リーグ屈指のスピードスターに成長している。
c0224628_8303558.jpg

c0224628_8305184.jpg



また
#9 仲村 選手 のシュート力も試合に安定感をもたらしてくれた。
シュートはタイミングが大きく左右するものであり、
リーグ終盤にくるにつれ仲村選手の安定感が増してきたことを考えると
やはり、互いの特徴を理解し合い 能力を引き出すチームプレーが
すこしづつ積み重なってきたことを伺わせてくれる。
c0224628_8331820.jpg

#7 ラウーフ選手に頼りすぎないためにも、
もうひとりの日本人シューター #11川辺 選手が故障からもどってくれば
プレーオフに向けて盤石の体制となるのだが。。。

終盤の展開を大きく変えたのが、
東日本大震災の影響で 試合をすることが出来なくなった
仙台エイティナイナーズ、埼玉ブロンコス、からの移籍選手2名だ。
c0224628_8553571.jpg


移籍から約一ヶ月という短い期間で
恐るべき速度でフィットしてきた2人の選手。そこからは、
バスケットをできる環境へのどん欲さと、プレーできることの楽しさ
を感じさせてくれた。

仙台エイティーナイナーズから移籍の #89 日下選手
クレバーなプレーで
チームのサインプレーやディフェンス時の約束ごとなど
どんなタイミングで出場しても自分の仕事としてできる能力があり、
プレー中でもベンチでも 笑顔でチームを鼓舞する頼れる存在。
c0224628_856855.jpg

ボールをもらう前に全体の選手の動きを見れていることで
球離れもはやく、ボールに動きをつけてくれるガードといえる。


そして予想をはるかに超える能力の高さと
試合でのオールラウンドな活躍で魅せてくれている
埼玉ブロンコスからの移籍
#33 ゴードン クライバー 選手
c0224628_98035.jpg


シュート力、速さ、高さの三拍子そろったプレーで
シュートやカットインへの判断も、セルフィッシュにならず
チームの流れの中で能力を発揮しつつあると言える。
c0224628_99479.jpg

選手間での連携が深まってくれば、
もっとスリーポイントや、ダンクなどで試合の見せ場をつくって
くれることは間違いない。



そして
外国人選手の中でも、
得点、リバウンド、とゲームの要となる働きをしてくれているのが
#2 レジー選手
c0224628_9121039.jpg

ゴール下でのぶつかり合い、ボールの奪い合いなど
チームの汗かき役として頼れる存在になってくれた。

とにかく
終盤になるほどに、選手層の厚さと、チーム自体の結束力を
高めてきた京都ハンナリーズ。

最終戦を終えた段階で、
『優勝』の二文字も現実的な目標として
青野ヘッドコーチを中心に、選手それぞれが見据えているのがわかる。



最終戦後の談話で
『バスケットは個々の能力もさることながら、
精神力、強い気持ちでいかに望むか、、、が大きく勝負を左右するスポーツ』
とプレイオフへ向けての意気込みを語ってくれた
青野ヘッドコーチ
c0224628_9175687.jpg



プレイオフ緒戦は
アウェイにのりこんでの
因縁の京滋関西ダービー!!あっというまに迫っている!
4/30、5/1 会場:滋賀県立体育館
c0224628_9193018.jpg


*プレイオフ試合開催に関する詳細は
 京都ハンナリーズWebSite にてご確認下さい


今シーズン 2勝5敗と分が悪く、
リーグ序盤戦ではホームで2連敗もくらっている。

逆に言うと、どよのうにしてやられたかを
わかっているチームといえる。
日本人エースであり、試合の空気もつくる
滋賀#31 城宝選手を封じるのはもちろんだが、
いかにこれまでやられたポイントをカバーできるかにかかっている。


そして、強いディフェンスから組み立てるスタイルを
十分に発揮できれば、自ずと勝ちは近づいてくるはずです!

4月に大きく変化と充実を果たした
京都ハンナリーズがどのように滋賀を迎え撃つのか。。。

京都ハンナリーズ初のプレイオフ挑戦が始まる!!!







 
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2011-04-26 08:14 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30