<   2011年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2011年 02月 20日
ゲームリポート vs 新潟!!
新潟を府立体育館にむかえたホームゲーム!
vs 新潟アルビレックスBB!1勝1負!!


これで
ハンナリーズはリーグ戦績17勝17負。
五分の勝率をキープしている。

リーグ戦も中盤を折り返し、
連敗をしないことは、プレイオフへ向けてひとつの大きな条件となる。

その点において、
週末の2連戦を、12月の福岡とのホーム以ゲーム以降、
アウェイでの沖縄戦、ホーム滋賀戦、アウェイ高松戦、
ホーム東京戦、アウェイ島根戦、、、
そしてホームにもどって新潟戦。すべてを1勝1負と
この訳3ヶ月間連敗を喫していない。

常に故障車をかかえるなかでの戦いの中で
今は流れを崩してしまわず良く耐え、良く切り抜けた、、、
といった状況とも言えるかもしれない。

勝負はここから。
確実にプレイオフの切符を手にするには
どこかで連勝ができるチーム力が必要になる。

そんな展望を睨みつつ、
勝利した20日()の新潟戦ゲームリポートです!!

2/20()
京都ハンナリーズ VS 新潟アルビレックスBB
     85        65

1Q  24 - 12
2Q  16 - 18
3Q  19 - 23
4Q  26 - 12



この試合、
やはり注目すべきは、
新潟#1 澤岻(タクシ)直人 選手。
昨シーズン、bj初参戦の京都ハンナリーズのキャプテンを勤めた
リーグ屈指のガード。

今シーズンは新潟で躍動し、
敵となって京都でプレーを披露してくれた。
c0224628_19224385.jpg


c0224628_19225193.jpg

澤岻(タクシ)選手には
#0 瀬戸山選手がマッチアップ!
この新旧キャプテン対決には熱いものがありました!

澤岻(タクシ)選手のプレーも随所に
試合の局面を左右する判断が含まれており、やはり流石と言えたが

この日のハンナリーズのディフェンスの集中力は
その前日とは全く違っていた。
c0224628_19304267.jpg

マッチアップ時の対策もされており、外からのシュートと簡単にやらせず
相手の早い展開にも最後まで振り回されることなく、粘り強さがあった。

やはりハンナリーズは
ディフェンスからリズムをつかむチーム。

相手のペースを抑えているときほど
チームの集中力が高まる。
おそらく、選手同士の連携がうまくいっている実感が
ディフェンスの組み立てから生まれるのだろう。

そんな流れでのこの二人は
とても頼りになる。

マッチアップや速攻で相手の隙があれば
あっという間にドライブしてみせる、誰もが認めるオールラウンダー
#14ホワイト選手!
c0224628_1935565.jpg

c0224628_19345619.jpg

この日も、20得点16リバウンドのダブルダブルの活躍
アシストも6。
運動力がありなんでもできるだけに、諸刃の剣になりかねないが、
セルフィッシュではなく、然るべきタイミングにアタックをしかけている
今のプレースタイルはチームとしての“勝利”を意識してのものだろう。


#7 ラウーフ選手も
追いつきたい、突き放したい、、、そんなときに
かならず力を発揮してくれる。
c0224628_19404096.jpg

まさに本物、ブレることなく勝利に貢献してくれている。

ここぞの場面で
ファウルをもらえるプレーができるのは
とても頼りになる。
そしてこのフリースローがbjリーグで現在トップの成功率88.9%を誇る。
c0224628_1940494.jpg



終盤にきて
選手のファウルがかさみ選手起用などに 難しい場面もあった。

ゴール下での争いの中では、
笛に悩まされた #54 キブエ•トリム選手
c0224628_19444581.jpg

このダンクも、一歩前のプレーがファウル判定により幻に、、、

ファウル判定には苦戦しながらも
ただ、この日はチームディフェンスの駐中力が凄まじく、
新潟を最終65点に抑えることでゲームは揺るぎなかった。

4Q終盤には
今シーズン、練習生から契約を勝ちとった
#22 川畑選手もコートへ!
c0224628_19501569.jpg

緊張感からか、ボールが手につかないといったところで
実力をかいま見ることはできなかったが、
これはチームにとっても大きな一歩。
故障者をかかえる中、とにかくチーム力の底上げを図る要員となって欲しいです。

ハンナリーズスタイル、
ディフェンスから勝ち取った20点差の勝利でした。

京都ハンナリーズ 85
新潟アルビレックスBB 65



。。。


ゲーム終了後の会見での
青野HCのコメントでもあったように
連勝するために必要なことは見えてきている。

ディフェンスのチームを精神的に支えるための
「ゲームの入り」である。
とくに二連戦の緒戦となる土曜のゲーム。

この「入り」をモノにできれば京都ハンナリーズは
十分に連勝できる力をもったチーム。

最も重要な流れのくる三月、四月の戦いに向けて
ここまで耐え、培ったチーム力を、あらためて見直し、成熟させてほしいです!


。。。


勝利したゲーム終了後は、コートでブースターとの交流。
この近さが、プロバスケ、bjリーグの良さとも言えますね!
c0224628_19562936.jpg

[PR]
by hannaryz-kyomag | 2011-02-20 19:21 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28