<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 12月 19日
ゲームリポート vs 富山!!
約一ヶ月ぶりのホームゲーム!
vs 富山グラウジーズ!2連勝!!


これで
ハンナリーズはホームゲームを4連勝とするとともに
シーズンの勝敗も 10勝10負 の五分にもどした!!
(前回リポート最後に願ったシナリオ通り、、、)


チームの状況としては
#2 レジー選手を欠き、さらに18日には #17 フェイ選手までもが
怪我をするという、
ゴール下の主力が2人も不在となる危機的状況ではあった。

が、しかし、
その中でも、チームとして「勝つ」という
ひとつのかたちをみせてくれた vs 富山戦の2日目。


その
富山戦 2日目のゲームリポートです!!!

12/19()
京都ハンナリーズ VS 富山グラウジーズ
     112        90

1Q  28 - 29
2Q  26 - 17
3Q  31 - 15
4Q  27 - 29


。。。


ゲーム開始から立ち上がり、、、

レジー選手、フェイ選手、2人のビッグマンの
欠場の穴をつき、積極的にゴール下に攻める富山、
さらに、
ディフェンスでは、ゴール下からの攻めには数人でカバー。
これに #54 キブエ・トリム選手のみでは苦戦。。。
c0224628_1971035.jpg

ハンナリーズは中から手堅い攻めができない。

リバウンドも奪われ、

気がつけば、立て続けに富山に得点を決められ
5点、7点と差がひらく、、、

ここで青野HCがタイムアウト。
その後、
一度ゾーンディフェンスに切り替え、
まずは中をやらせないチームディフェンスが機能。
相手の勢いを食い止めると、

ハンナリーズの攻めも
#50 村上選手を投入。
c0224628_1921685.jpg

攻めかたも変え、
平面の早い動きでボールをまわし、
この日、シュートタッチのよい #7 ラウーフ選手、#9 仲村選手にボールを集め

外からの攻めで組み立てていく。
c0224628_19511946.jpg

c0224628_19263842.jpg


ラウーフ選手、仲村選手、はこの日
非常に良いシュートタッチ!

なんと前半終了までに、
仲村選手 4/4
ラウーフ選手 3/3
と100%の確立でスリーポイントを決めていく!

これにより、
富山ディフェンスが
外からのシュートへの警戒心を強め、
やや中が手薄になるタイミングを

#14 ウェンデル選手、
キャプテン 瀬戸山選手がスピードを活かし中を崩す。
c0224628_19255874.jpg

c0224628_19275558.jpg


富山のディフェンスがやや崩れたあたり 2Qの中頃からは
#54 キブエ・トリム選手も機能し始め
ハンナリーズの全員バスケともいえる、集中力の高いプレーが見られ

半2Qを終了し
京都ハンナリーズ 54
富山グラウジーズ 46

と8点差をつけて折り返す。


この日はハンナリンは
クリスマス衣裳でハーフタイムの会場を盛り上げる
c0224628_19313696.jpg



後半、
ハンナリーズの集中力はとぎれず、

ディフェンスもマンツーマンで、
しっかりとフォローし合うチームディフェンス。

このディフェンスの安定感が、
攻めのリズムをつくり出し、

この日当たりに当たっている
ラウーフ選手を中心に、チームバスケを展開!

本当にラウーフ選手は観ていて爽快だった。

視野も広いので、良いパスもでる。
他の選手のシュートチャンスも逃さない。
c0224628_19342325.jpg


マッチアップしてくる相手の身長が無いタイミングでは
ゴールから中距離でボールを呼び込み、、、
c0224628_19364420.jpg


躊躇無く
ズバッと振り向き様のジャンプショット!
c0224628_1937321.jpg

驚く程、
迷いの無い判断と
無駄の無い動きで、チームと会場をどんどん引率していく。


4Qに入り、
さすがにビッグマン1人で負担のかかっていた
キブエ・トリム選手のファ−ルがかさんでくると、、

そのキブエ選手に変わって入った
#5 井上選手が、粘りのあるゴール下でのディフェンスや、
スリーポイントを決めるなど、しっかりと活躍。
c0224628_19402564.jpg


この日も
オールラウンドな力を発揮していたウェンデル選手は
ビッグマン不在の中、しっかり リバウンドへの意識を高くアタックし
チーム1のリバウンド数15本をもぎ取る。
c0224628_19425259.jpg



最後まで
ディフェンスからの集中力を保った京都ハンナリーズが

京都ハンナリーズ 112
富山グラウジーズ 90


とホームでの戦いを2日間死守してくれた。
ゴール下の主力を欠く中でのこの2勝はとても大きい。

ラウーフ選手は終わってみれば
スリーポイント6本を含む 28得点 4アシスト。

外からの調子が良かった 仲村選手も
スリーポイント4本を決める活躍だった。



やはり
相手ペースの時間帯も浮き足立たず、
まずディフェンスに集中した結果が、
粘り強く一本一本オフェンスへトライするリズムをつくっていたといえる。


ゴール下の力、
ドライブ力、
シュート力、
それぞれに高い能力を持つチームだけに、
これからが本当の力の見せ場となってくるといえる


19日終了 現在、
ウェスタンでの順位は5位
そして、次週の相手は現在4位の福岡!!
順位表はコチラ

12月25()、26日()
@ 向日市民体育館
京都ハンナリーズ vs ライジング福岡


上位進出に向け、
今年のラストに大きなカベを壊してもらいたい注目の連戦です!

[PR]
by hannaryz-kyomag | 2010-12-19 18:57 | ● ゲームリポート!




京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31