2012年 10月 08日
bjリーグ開幕!!京都ハンナリーズ!


プロバスケット bjリーグ 2012-2013シーズン が開幕しました!
c0224628_115441.jpg

c0224628_118372.jpg

c0224628_1182670.jpg





4シーズン目を迎える 京都ハンナリーズ。
新たなチーム編成となって
昨年 あと一歩でなし得なかったファイナルへの期待も膨らみます。



今シーズンのbjリーグにおいて
戦い方を左右する最もおおきな変化とも言えるのが

第1、第3クォーターに
3人の日本人選手を出場させなければならない点。
(昨シーズンは 第2クォーターのみ)

それはつまり、
外国人選手らの 個の力に頼りすぎると、
浮き沈みの激しい試合展開、リーグ戦での戦いになることを意味します。

いかに 日本人選手を中心として、
チームの連携をつくることができるか、、、が長いシーズンで
結果を出すためのカギとなりそうです。







昨シーズンの 京都ハンナリーズは
チームディフェンスと、ボールが動くバスケット。
個の力に頼るのではなく、連動することで勝利をつかむチームづくりであり、
それが機能することにより、長いシーズンを戦い抜く力を得て、
初のファイナルシリーズ進出という躍進につながりました。




今シーズンも、昨年同様 指揮をとるのは 浜口 炎 監督。
昨シーズンの経緯からも 今シーズンのルール改正において、
浜口監督の得意とするチームづくりが
今シーズンのそれにフィットすることは間違いないと言えます。
c0224628_1183176.jpg






そして、チーム 日本人キャプテンも昨年同様 #0 瀬戸山 京介 選手。
チーム創設から 4年目、キャプテンとしても3年目を迎える。
まさに京都ハンナリーズのスピリットともいえる選手であり、
チームにバランスを士気をもたらす存在となった。
c0224628_1192616.jpg

c0224628_1184175.jpg






4年目の京都ハンナリーズ。
チームの土台、中核となるのは 4年間で培ってきた経験そのもの。



今シーズンの京都ハンナリーズ、どのような肉付けがされたのか。。。
開幕試合となった、
vs 琉球ゴールデンキングス との2連戦でお披露目となった。

【 試合結果 】
10 / 6(土)  京都 73 - 82 大阪
10 / 7(日)  京都 74 - 82 大阪
c0224628_118489.jpg



昨シーズンの bjリーグ覇者 琉球ゴールデンキングス を相手に
2連敗となった 京都ハンナリーズ。

琉球は昨シーズン優勝のチーム編成をほぼ変えず、
そのままのチーム力にさらに磨きをかけてきた。




結果通り、やはり 現時点ではチーム力に差があったと言わざるをえない。





浜口監督の率いるチームの特徴は
相手を70点台におさえる ディフェンス力。
そこが機能してこそ、攻めも生きてくる。

この点において、2試合ともに
昨季王者を相手にするには まだチームが連動しきってはいない状態であった。





ゆえに、1試合の中でも、チームとしての好不調の波が大きく
場面に応じて誰を活かすのか、、、といった信頼関係も
まだ手探りであることが 見て取れた。

そうした共通理解は 試合を重ねることが必要であり
経験が深まることにより 必然的にチーム力は数段アップすることになるだろう。
c0224628_1183550.jpg




これまでの経験からも
シーズン序盤の結果にとらわれる必要はない。

" その先に どういったチームづくりが想定されているか " が
長いシーズンを戦い抜き勝利するために重要となってくる。



そういった意味でも、
初戦を2連敗してでも、 王者 琉球を相手に出来たことは
後々 吉と転じる可能性が高い。


なぜなら、本当に強いチームを相手にできたことで、
チームとしての足りない点や、強み、今後伸ばすべきポイントなど、
現時点でのウィークポイントに至るまで、
一番早いタイミングで 明確に浮かび上がらせてくれたからです。




そして、見えた可能性。



.....



中でも、、、

この2試合で 今後の京都ハンナリーズに大きな力をもたらしてくれる
確信させてくれた、新たな戦力! 要注目の日本人選手2名、外国人選手1名を紹介しておきたい。


#12 デイビッド パルマー選手
c0224628_1184682.jpg

bjリーグ在籍5シーズンで、優勝を3回も経験しており、
アウトサイドからのシュートから、中へ入っても技で得点をできる
c0224628_1191623.jpg

幅広いバスケットのテクニックと経験を持つ選手。
判断力も素晴らしく、仲間を活かすプレーにも長けている。

重要な場面をまかされることが多くなるはずの パルマー選手。
ここぞという場面で 要注目の選手です。





#91 片岡 大晴 選手。
c0224628_118307.jpg

今シーズンのドラフトで注目され 3チーム競合の中
京都ハンナリーズが引き当てた JBLからの移籍選手。

ソルジャーのニックネームに相応しい
ゴールを見定める眼差しと、果敢なプレースタイル。

スリーポイントなどアウトサイドのシュートから、ドライブ、パスまで
コートを広く使って チームメイトとの連動中で力を発揮するプレーヤー。
c0224628_1185946.jpg

c0224628_1185524.jpg

片岡選手が存在することで、
これから 京都ハンナリーズのプレーの幅もさらなる広がりが生まれるはず。
それくらいの懐の深さと、可能性を感じさせてくれる
bjリーグの中でも要注目の日本人選手です




#1 岡田 優 選手
c0224628_1183322.jpg

bjリーグの日本人選手において、
得点能力でトップランクの選手。
特にアウトサイドからの得点能力はずば抜けており、
滞空時間の長いジャンプショットは 岡田選手の代名詞ともいえる武器。
c0224628_1185144.jpg

チーム内での連携が深まれば
岡田選手の欲しいタイミングでパスもまわるようになるだろう。
そうすれば、シュートももちろんだが、
ファウルをもらいにいくプレーも生きてくる。
チームが苦しい時も、岡田選手のようなプレーヤーがいることで
そうした時間帯を打開できる。そんな頼れる存在です。





.....



この3人がいかに京都ハンナリーズというチームに
アジャストできるか、、、これが 今後のチームづくりにおいて
様々な試合の勝敗を左右するキーポイントになってくるはずです。




今後、是非 注目していただきた選手です。
[PR]
by hannaryz-kyomag | 2012-10-08 10:11 | ● ゲームリポート!

<< シーズン初勝利!2連勝!! 2011-2012 bjリーグ... >>



京都人的 ホームゲーム  密着取材!
by hannaryz-kyomag
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31